車中泊夢プラン/次期自作キャンピングカー決定 〜幸運とともに良縁が舞い込む〜

スポンサーリンク



スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20171103143105j:plain

2017.11.3 四輪買い替え計画その後         

                    画像:六甲山 秋のトワイライト(撮影・妻)

  

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

先日、次期車中泊クルマの買い替えを思案中、との記事を執筆しました。

 

acsekitori.hatenablog.jp

すると、妄想が現実を呼び起こしました。

決まったんです、ニッサンキャラバンE25スーパーロングハイルーフチェアキャブディーゼルターボインタークーラー四輪駆動に(長い!名前も、ボディも)。

まだ契約を交わして手付金を納付しただけで、大人の事情で納車は年明けになります。しかし普通はそんなに待ってくれないのに、すごく良いディーラーさんで、じっくり整備しながら全額決済を待ってもらえる事に。

これは新車ばかり買う人には無縁の話ですが、中古車業界はそんなに気が長くないのです。回転を良くするために、早ければ二、三日で決済、待ってくれても二週間程度が多いです。

 

想像するだけで 

納車されたら室内画像をアップしますが、まだ今は構想段階。夢は膨らみますよ、クルマの中は段違いに広いですから。

今までのミニバンを改造した自作キャンパーでは、どうしてもルーフが低いので着替えや車内移動が大変でした。また、雨の日に数日同じ場所で沈殿するときも、立って腰を伸ばせるか否かでかなり体調に差が出ます。一週間を超えるロングキャラバンでは、ちょっとした事が体調不良の原因になりますし、車中泊初級者である妻の機嫌にも影響します。

滅多なことで文句は言いませんが、口数が少なく、しんどそうな妻を見るのは嫌ですからね。

この点から、契約した車は巨大な手すりが付いており乗降ステップが自動で出てくるなど、足と膝が悪く弱視に近い妻に配慮してハート車両にしました。個人で登録するのも全く問題はなく、単に非課税では無いだけです(身体障害者手帳所持者や、車椅子利用証明があれば個人でも非課税/都道府県別に設定)。

 

スーパーロングと言えども現行ハイエース200系の全長5.3mとは違い、4.995mですから運転もグラとそれほど変わりませんし、フェリー代が安く上がります。何よりも、ディーゼルですから燃料代の節減にかなり大きな役割を果たしてくれそうです。

私の父は、九州久留米の墓に眠っていますので、これはデカイ。親父が、もっと参ってくれよと良縁を授けてくれたのかもしれませんね。

 

acsekitori.hatenablog.jp

ハイルーフの上に、グラのルーフボックスを移設しますから(実はもう車が見つかる前にハイルーフ用の超ロングなキャリアフットだけ落札入手済み)、高さは2.7mくらいになるかも。

当然立体的駐車場には入れませんし、JRや私鉄などの高架にも留意が必要です。私は2トンや3トントラックを業務で運転していた事もありますので、運転に不安はありませんが、惰性でダラダラ運転すると大きい車体なだけに危ないですね。まあ、どんな車でもそうですが。

 

ちょっと乙女チック、もしくは宗教的な表現になりますが、願いは強く願えば叶うのです。車両も決まってないのにブログで自分の願いを告知したのも、有言実行の観点からです。虚仮の一念岩をも通すってやつですね。

私は今回の車両入れ替えにあたり、金銭的な点もさることながら、妻への配慮でかなり慎重に車種選択をしました。妻曰く、「隊長が広い方がいいんでしょ!」と照れ隠しを言いますが、嬉しいと思います。今まで乗り降りが大変でしたから。

そらあ、本音を言えば私だって広くて過ごしやすい車の方が良いに決まってますよ。今まで資金が無かっただけです。頑張って働いた甲斐がありました。

 

さあ、納車に向けて後部リビング/寝室の設計に勤しむぞ!

2017.11.3