雑感/旅の記事とがんの記事 〜遠くへ行きたいが近くで策を練る〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20180315083707j:image

2018.3.15 エッセイ

 

ランキングに参加しています。順位だけを目指してはいませんが励みになりますので、ボタンを押して頂ければ幸甚です。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

旅へ出たい。

「小さな 窓から見える この世界が僕のすべて」

ってほどでもないけど、拘束感はある。

 

旅をしたいが、足が無い。

オートバイはタイヤ交換が済んでおらず、キャンピングカーは入院中。

オーナーも入院中。

 

でも、いろんな人の旅日記を読んでいたら、旅をしている気になってきた。

高級愛車自慢や高額フル装備自慢は、もう飽きた。

お金持ちの間でやって下さい。

そんな人より、朴訥とした口語体で自分の眼中総てを書き切れる人の文章は、バスからの車窓の数倍は現実感を伴って一緒に旅をさせてくれる。

 

文章って素晴らしい。

 

読むと疲れるだけ

しかし最近は、あまりに自己主張が激しいブログは読まないようにしている。

特に医療関係、抗がん剤絶対反対などの有害記事。

医者だけやなくて、個人ブログにもわんさかある。

もし、その記事を読んだ誰かが抗がん剤を止めて、がんが増殖して死んだらどう責任を取るんやろ。

いや、取れっこ無いし取る気もないやろな。

なんかのニュースを見て思い付きで書いただけかもしれんからね。

もし何かを人に押し付けたいなら、その有用性の実証例・エビデンスを具体的に言って欲しい。

個人名は無理でも、団体や病院などでの実績を。

100人の内、〇〇をした人は90人生き残った。

△△をした人は20人だった。

どちらもしなかった人の中にも、3人にがんが消えた人がいた(でも、97人は死んだが記事には出さない)。

これでは単なる論理のすり替えで、統計学で考えるととんでもない致死率ちゃうかな。

 

だからと言って、どんなエビデンスを出されようが、どこの誰がどんな治療との名目の布教活動をしてきても、まったく興味を示さない揺るぎない自信はある。

それこそが、シバク・ドワレの真骨頂やからね。

2018.3.15