闘病記/私の化学療法現状 〜ケモすれば、遊びも楽し我が人生〜

スポンサーリンク



スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20180331071023j:image

2018.4.2 ケモ                 北海道根室半島

どうも、シバク・ドワレです。

 

無事に退院して3日目、呑んどります。北海道ツーリングの写真を眺めながら。

 

f:id:acsekitori:20180331071239j:image

良いですなぁ、北海道。

大腸がんが再々再発して肺に転移後の昨夏も、こうやって妻を乗せて北の大地を自在に走り回れたのはこの3年半続けている抗がん剤治療のおかげです。

そりゃあ、打った直後の副作用はシンドイですよ。ムチで打たれたり火あぶり、獄門磔。そんな直接身体を痛めつけてくれる方が楽なんじゃないかと思えるくらいの、実に中途半端ないたぶられ方です。他人には理解できない不快さと倦怠感、胃腸の不具合。

しかし、私は点滴抜針後1週間もすれば、ほぼ副作用は収まりピンピンしています。ただ骨髄抑制が続いているので、目に見えない細菌やウィルスとの闘いは四六時中続きますが。分子標的薬による毛細血管攻撃で、鼻血が止まらなかったのもキツかったですね。私は平気でも、周囲の人が凍りつきますから。

ハゲたこともありますし、これからも薬を代える度にハゲ散らかすかもしれません。しかし、それがどうした!北海道には松山千春サンがおるやないか!スキンヘッドの教師にいじめられた経験がありハゲ嫌いな妻も、私がハゲた時にはハゲ増してくれました。

 

そんな辛い治療ではありますが、こうやって山へ海へ平原へと遊び回れるのは、やはり化学療法のおかげです。副作用の辛さに心折れて辞めてしまっていれば、すかさず全身に転移したがん細胞により、遊びどころかもうこの世に居なかったでしょう。本当に西洋医学と標準治療には感謝していますし、それをフォローしてくれている医療従事者の方々や病院事務組織、公的福祉には礼を言わなければなりません。

 

それぞれの治療がある 

私は冷徹非情な悪魔ですし、他人に興味が無いコミュ障ですから、がん治療に関してはヒトにどうしろどうするなと説法する気は全くありません。いますよね?

「私は何も治療せずに治ったから、貴方も今すぐやめなさい。僕はこれを飲んだり食べたら治りましたから、貴方もそうするべきです」

そういう人たち。

大きなお世話です。

そもそも病気や体質なんて、100人居れば100通りの組合せがあるでしょう。A=B,A=C→B=Cとは言えないのです。良くて似たような成果が得られるだけで、100%同じにはならないでしょう。ですので、

「私は末期のがんが抗がん剤無しで治った。私の父母は抗がん剤のせいで苦しむばかりで薬に殺された。だから貴方も代替医療か漢方。そうしなさい」

は成り立ちません。

そんな人達も、自分の備忘録としてブログなどに残すのは良い事でしょう。しかし、私はあまりにも闘病に偏ったブログは読みません。影響されるからではなくて、私の遊びのヒントが少ないからです。こんな事書くともっと苦しんでおり、院外に出るのもままならないでいる患者さんは怒りに打ち震えるでしょうが、そこまで気にするとブログなんか執筆できなくなりますよね。

ブログなるものは何を書くのも自由なら、読者の立場からすると何を読まなくても自由なのです。取捨選択というやつですね。

なんか、当たり前の事を長々と書いて文字数だけ稼ぎましたね。

 

結論。

これからもケモ(化学療法)は上手に付き合って利用し、良いとこどりをした上で体調を整えてしっかりと遊びます!

悪性腫瘍に勝とうなんて思ってません。

現状維持して遊びまくる。

仕事もせえよって?

断ってばかりやから依頼が減ってんも〜〜ん。

ますます末期がんでも遊んだる!

2018.4.2

ランキングに参加しています。順位だけを目指してはいませんが励みになりますので、ボタンを押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村