ロングキャラバン/愛車引取の旅初日 〜火の国はバリ寒か!〜

スポンサーリンク



f:id:acsekitori:20180407221950j:image

2018.4.7 キャンピングカー旅日誌 河内〜摂津→筑前筑後

どうも、シバク・ドワレです。

早朝5:30に自宅を出て、ロケバン引取の旅がスタートしました。新幹線に乗れる嬉しさと、新幹線に乗らなくてはならない辛さの複雑な思いの交錯。青春ですな。

 

f:id:acsekitori:20180407222941j:imagef:id:acsekitori:20180407223304j:imagef:id:acsekitori:20180407223341j:image

早朝の2本だけ、グリーン席を格安で販売している旅行社の特割チケット。

そういうのが無ければ、とてもグリーンなど使えません。脊柱管狭窄症に苦しむ私には、神の助けです。

 

f:id:acsekitori:20180407223614j:image

間接照明のシックな空間に、軽く朝食を摂った後は睡魔が訪れます。

この心地良い空間は、何かに似ているなぁ。私のロケバンです。そうや、マイキャンピングカーは、上質なオトナの空間やったんや!自画自賛

 

f:id:acsekitori:20180407223957j:image

f:id:acsekitori:20180407223640j:imagef:id:acsekitori:20180407224019j:image

一眠りしたら、もう博多です。

ホームでは余命幾ばくも無い500系と、九州新幹線800系つばめがお出迎え。コンコースでは、カンセンジャーとエブァの面々がようこそ、博多へ!と歓迎してくれました。

 

まずはお参り 

f:id:acsekitori:20180407224342j:imagef:id:acsekitori:20180407224403j:imagef:id:acsekitori:20180407224459j:imagef:id:acsekitori:20180407224432j:imagef:id:acsekitori:20180407224527j:image

この記事を書いているのはもう23時半。

眠たいので、画像だけでどんどん飛ばします。博多に降りれば、まず参らなければならないのは総鎮守の櫛田神社。残念ながら、まだ私は山笠の本番を見た事がありません。是非とも7月に訪れて、その勇壮な祭りに生気を分け与えてもらいましょう。

 

f:id:acsekitori:20180407224809j:imagef:id:acsekitori:20180407224841j:image

お次は、直ぐ隣のキャナルシティ博多へ訪れました。

博多観光の候補は種々ありましたが、実質滞在できるのは約6時間。その程度であちこち回っても、修学旅行の生徒のように決して覚えてはいません。そこで、神社に1時間、後はここキャナルシティで過ごす事にしました。

 

f:id:acsekitori:20180407225203j:imagef:id:acsekitori:20180407225229j:image

入館してトイレを探したり、街並みの構成をロケハンしたら正午前でした。

ちょうどセンターのメーンホールに到着したら、何やらイベントの気配が。

 

f:id:acsekitori:20180407225300j:image

ここはその名の通り、モールの中に運河が張り巡らしてあるのですが、その中央で噴水ショーが毎時行なわれているのでした。

水だけで行なわれる無料イベントにしては、なかなか上出来です。外はなごり雪と呼ぶには遅すぎるみぞれが舞う程の寒さなので、季節外れ感バリバリですが、けっこう楽しめたました。しかし、寒い!

この噴水ショーのあと、ご当地アイドルなどのダンスや歌がありましたが、まったく興味が無い私は早くどこかあったかいソファーに座りたい一心でしたが、妻はそれなりに楽しんだようです。

 

f:id:acsekitori:20180407230024j:image

寒さのせいかどうかは知りませんが、くまモンはオムツをはかされていました。

私もそのうちお世話になり、仲間となる事でしょう。

 

f:id:acsekitori:20180407230203j:imagef:id:acsekitori:20180407230243j:imagef:id:acsekitori:20180407230226j:imagef:id:acsekitori:20180407230305j:image

朝はグリーン席で麻婆丼を食べたのですが、昼を回ると腹が減ってきました。

昨日まではホントに少食で、食欲が無い事に一抹の不安を感じていたのですが、杞憂だったようです。やはり、旅の真髄は食にあります。衣食住、人間の生活には色々ありますが、服や家なんか無くとも暮らせますが、食べないと死にますもんね。

少々ベタですが、5階にあるラーメンスタジアムの中の博多ラーメン店にてお得なセットを注文しました。好みのラーメン二杯と、餃子10個。生ビールを含むドリンクが二杯付いて、¥2100です。お味はイベント味でしたが、まあ満足しました。

 

f:id:acsekitori:20180407230823j:imagef:id:acsekitori:20180407230844j:image

ラーメンスタジアム前に、トミカカフェがありましたので、しばし童心に帰りました。

いつも童心って?そうですか。

 

f:id:acsekitori:20180407231334j:image

f:id:acsekitori:20180407231345j:image

f:id:acsekitori:20180407231403j:image

途中が飛んでますが、博多駅に戻りJRの在来線に乗って修理工場へ参上し、無事にロケバンを受け取りました。

ピカピカに洗車もしてもらい、飛んで行って無くなっていた左後輪もキャラバン純正ホイールに履き替えて、実に乗り心地の良い愛車へと蘇ってくれました。おかえり!

 

f:id:acsekitori:20180407231701j:image

f:id:acsekitori:20180407231726j:image

f:id:acsekitori:20180407231747j:image

軽油を満タン、腹一杯食わせてやり、九州道を南下します。

実に1ヶ月と4日越しに、親父が眠る久留米の墓へと向かいます。今日はもう遅いので、RVパーク久留米東町へと宿を取ってあります。

 

f:id:acsekitori:20180407232722j:image

f:id:acsekitori:20180407232822j:image

f:id:acsekitori:20180408005956j:image

f:id:acsekitori:20180407232931j:image

f:id:acsekitori:20180407233210j:image

f:id:acsekitori:20180407233232j:image

超絶ど街中のRVパークですが、一晩駐車してAC電源も使え、清潔なWCを占有できてなんと¥1000です。

トイレと電源ボックスは鍵を借りて自分で開け閉めするシステムで、夜間は管理人不在ですから都会の喧騒が不安な方には不向きかもしれませんね。深夜まで酔客の叫び声が聞こえますし。

しかし、目の前には炭火焼の居酒屋もありますし、西鉄久留米駅まで徒歩5分ほどの好立地。今回はゆめタウンで刺身を買いましたが、最初から居酒屋で飲み食いしてキャンピングカーでは寝るだけならコスパ抜群ですね。

夫婦で居酒屋に行き、¥6000使ったとしても¥7000で一泊して好きなものを飲食できる訳ですから。ビジホなら、宿泊代だけで飛んで行きますね。

 

f:id:acsekitori:20180407233841j:image

f:id:acsekitori:20180407235015j:image

f:id:acsekitori:20180407235029j:image

朝昼をガッツリ食べたので、夜は控えめにしました。

末期がん患者ですから、無茶をしてはなりません。少しの地酒と、フグのタタキにヤリイカの握り。もちろん、長期放置したダイニングの除菌も忘れません。

 

さあ、明日は墓参して父に無事を報告し、温泉にでも浸かりましょう。

ああ幸せかな、我が人生。

2018.4.7

ランキングに参加しています。順位だけを目指してはいませんが励みになりますので、ボタンを押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村