雑感/コーナリング 〜ヒラリと抜けるか、ソロリと通るか〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20180420150537j:image

2018.4.20 エッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

 

カーブ。コーナー。曲がり道。

皆さんは好きですか?苦手ですか?

私は、好きでもあり、嫌いです。

好きなのは、もちろんX4 typeLD・サンパチで心地良く駆け抜ける中速コーナー。でも、あまりタイトなコーナーは我が愛馬のようなドラッグレーサースタイル、特にタンデムにはよろしくありません。必要以上にバンクさせるとステップを擦りやすいですし、車重もかなりのもんですからね。それでも、オートバイのコーナリングは独特の浮遊感を伴って、楽しいひと時ですね。

ですが、やはり危険を伴うシチュエーションに違いありません。特にブラインドコーナー。四輪車の中にはセンターラインを割ってこちらの車線に食い込んで来るヤカラが多いので、先が見えないコーナーでは充分注意しなければなりません。

 

対して、コーナーが楽しく無く嫌いなのが高重量高重心である、我がキャンピングカー・ロケバン。日産キャラバンのハイルーフスーパーロングなのですが、足回りはけっこう良いものの搭載家具の関係でオーバースピード厳禁!

もちろん、調度品の転倒防止策は講じてあるのですが、それでも中に入れてある各種ギアや食器類などが激しく踊り出します。これはコーナーだけではなく、路面の盛り上がりや歩道との段差なども大きな障害となり、事前に察知して減速しないとエライ目に遭います。

 

そんなキャラバンキャンピングカーでも楽しく走れるのは、山上のスカイラインなど、あまりタイトなコーナーが無く70km/hくらいで流せるワインディングロード。

これはX4 typeLD・サンパチにも通じますが、ゆったりと景色を堪能しつつ適度にハンドリングしながら流すのが好きです。ですので、ほぼ直線で流れ行く景色が変わらない高速道路は嫌いで、急ぎの時以外は使用しません。

 

関西には、無料化された高野龍神スカイラインや大台ケ原ドライブウェイ、少しお高いですが伊吹山ドライブウェイや信貴生駒スカイラインなど、走りごたえのある良き山上の道路が多く存在します。六甲山は少々タイト過ぎますので、中型レプリカオートバイやスポーツカーなど、コーナリングに特化したようなクルマ以外は楽しくありません。

 

ディーゼルの力強さ

X4 typeLD・サンパチは1300ccのオートバイなので馬力やトルクは言わずもがなですが、ロケバンもその図体の割に良く走ります。2400ガソリンではなく、3000ディーゼルターボの恩恵でしょう。上り下りで苦痛を感じたことはありません。

以前乗っていたタウンエーストラックベースのキャブコンは、高速道路の登坂車線の常連さんで、山道では後ろに何台も従えた大名行列は常でした。その代わり、泊地に付けば最高の居住空間でしたがね。

 

今日から入院して、明日は新薬の第一回目投与。もはや軟禁状態ですが、X4もキャラバンも万全の状態でスタンバイしてくれていますので、どこに行くかのプランニングにベッド上で精を出すとしましょうか。

早く来い来い、黄金週間!

2018.4.23

ランキングに参加しています。順位だけを目指してはいませんが励みになりますので、ボタンを押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村