雑感/会話 〜男は黙ってサッポロビール?いや、私は麒麟のほうが。と言いつつ画像はアサヒ〜

f:id:acsekitori:20180501210820j:image

2018.5.2 エッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

今日も分子標的薬アービタックスの副作用である薬疹は出ていますが、懸念していた全身への猛烈な発症は無く、部位は昨日と同じに留まっています。先っぽが白く化膿してきましたから(エゲツないので画像は割愛)、清潔にして軟膏を塗り続ければそのうち収まるでしょう。増えたら増えたでその時対処すればいいことで、取り越し苦労はがん治療には禁忌です。

 

さて、本日は定期的に訪れてくれる臨床心理士のバス子ちゃんが病室まで来てくれました。バス子ちゃんとは、今日私が勝手に付けたニックネームです。美人でおとなしそうに見えて、大学体育会バスケットボール部で活躍していた逸話を聞き、命名しました。

その彼女と談話コーナーで宇治金時練乳入りアイスを食べながら楽しく会話していたら、いつの間にか1時間半経過。向こうは聴き役のプロですから、こちらが圧倒的に話し続けていたかというと、そうでもありません。詳細は匿名とはいえ彼女の仕事に関わる問題ですから述べられませんが、どうやら常に接する悩み多き高齢がん患者に比して私は底抜けのアホ丸出しですから、気分転換になるらしい。

とても良い役割を達成できて満足しております。

 

私は果たして

更にナースステーションにて可愛い師長や優しいナースちゃん達、はたまた癒し系の薬剤師さんと楽しくやり取りして(もちろん彼女達は会話が仕事ではありませんから長時間居座ったりはしません)、有意義な退院前日を過ごしました。自覚はありませんでしたが諸々の状況から判断するに、どうやら私はオンナ好きらしい。

これについては賛否両論あるでしょうが、あくまでも彼女達はお仕事で私に接してくれているのです。白衣の天使と呼ばれる所以ですな。

男のシャベリは嫌われると申しますが、私は楽しい会話は死ぬまで続けますよ。マグロみたいに、止まったら死にますから。

 

 

これまではいつも3週間ほど入院して2クール、ケモセラピーををこなしていましたが、新薬は標準治療のレシピでは週一ですのでちょっとスケジュール調整がややこしくなってきました。打った日から5日を静養期間と仮定すると、永久に退院不能になります。そこで、10日間ほど入院の後10日間休薬するのがベースになりそうです。もちろんレシピ通りに毎週投与されるのが薬効の点からはベストなのでしょうが、そんな事をすると遊べなくなりますので、死んでしまいます。

ところがそんな通常業務を決めるみたいにスケジュール通りには行かないのが副作用。誠に神出鬼没なその相手に応じて入院期間の延長を強いられる事もあるでしょう。しかし幸いな事に私は団体登山のリーダーや監督をしていましたから、突発事態に対処するのは慣れています。人生そのものが波乱万丈に対する臨機応変ですしね。

 

まあ、人生尾根もあれば谷もあります。

ピークを狙う欲望も、早く里に降りてのんびりしたい願望も、両面あるのが闘病です。

なんにしても、なるようにしかならんわ。

2018.5.2

ランキングに参加しています。順位だけを目指してはいませんが励みになりますので、ボタンを押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村