キャンピングカー/害虫対策 〜顔の横、ブンブン蚊と飛ばれると〜

f:id:acsekitori:20180712204258j:image 

2018.7.12 ロケバンリフォーム&セッティング

どうも、シバク・ドワレです。

大幅にリフォームを断行してダイニングが広くなったロケバン。そうなると欲が出て、更なる空間を求めて冷蔵庫を小ぶりなものに変更し、それを補うために釣り用の保冷力抜群Daiwaクーラーボックスを登場させました。

 

f:id:acsekitori:20180712204822j:image

f:id:acsekitori:20180712205014j:image

f:id:acsekitori:20180712205052j:image

ついでにREGZAを26インチから22インチに交換してミニキャビネットの上に固定し、横にレトロな収納キャビネットを置く空間を捻出。

ゴタゴタとしてはいますが、なかなかの機能的なダイニング周りになりました。

クーラーはこの写真を撮った直後に入手したので写っていませんが、左側にあるギャレーの上に置いて、氷とともにビールをキンキンに冷やしておきます。融けた水は、直ぐにギャレーに流せます。

 

防虫対策として

f:id:acsekitori:20180712205353j:image

さて、本題の害虫への対応。

梅雨も明けて、熱帯夜襲来となり車中泊にはキツい季節になりましたね。エンジンを止めると、窓を開けないと本当に死にそうになります。

この季節の最大の難敵は、暑さよりも光に集まる害虫なんです。蚊やブト(ブヨ)はもちろん、蛾が窓から飛び込んで来た時のテンションの下がり方は尋常ではありません。

光の周りを飛び回るだけでも相当鬱陶しいですが、十中八九はビールの泡にダイビングして怒りをサミットに連れて行ってくれます。

 

そこで、窓を覆うなんらかの防虫ネットが必要になります。この白いネット状のブツ、なんだか判りますか?

レースカーテンにしてはクチャクチャやし、妙に横に長いし。なんや?と思われる方も多いでしょう、特に若い世代は。

蚊帳なんですよ、かや。

エアコンなど、かなりの金持ちの家にしか存在しなかった良き時代に幼少を過ごした私には、この蚊帳は懐かしい記憶の片隅の幻です。もちろんこの白い蚊帳は幼少の頃のものでは無く、以前ネット通販で¥600くらいで仕入れていたモノです。

網戸を自作して外から磁石テープで貼り付けようかとも思いましたが、いちいち到着後に貼りに出て、出発前には外さないといけません。

それはかなり邪魔くさい。必要は発明の母です。

この蚊帳を、百均で妻が発見した超ビッグなクリップで上下左右を止めると、網戸と同じような効果を発揮する事が昨日の車中泊で実証できました。実は、大阪市内に2日連続で所用があったのでコッソリと大都会温泉車中泊を敢行していたのです。

 

昼間風を通したい時は、クリップを外してボソッとずらすだけで良く、ずっとセットしたままでも明るさにはなんの問題もありません。レースのカーテン効果もありますので、一石二虫です。

 

f:id:acsekitori:20180712211005j:imagef:id:acsekitori:20180712211105j:image

USBとDC12V扇風機2台と、換気扇代わりの平形扇風機もこの夏初めて始動しました。

 

明日退院したら、夜には四国行きのフェリーの人となりますが、それは愛馬CBでのオートバイミーティング参加。

テストは済ませましたが、本格的に広くなったロケバンを堪能するのはまだ先になりそうです。

2018.7.12

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村