登山計画/西穂高岳界隈 〜行けるとこまで無理せずに〜

f:id:acsekitori:20180822213813j:image

2018.8.22 山への想い           画像:西穂高岳 県道475より

どうも、シバク・ドワレです。

まだ先の話ではありますが、遂に登山を解禁する事にしました。

長らく中断していた訳は、抗がん剤の副作用で白血球や好中球、血小板の数値が低くて救急車の来ない山で怪我をするとまずかったからです。

それがここ最近はデータ上ではありますが、改善されてきました。特に運動制限は無いので、このチャンスを逃す手はありません。

しかし、約4年ちょい3000m級から遠ざかっていますので、第1級の山岳は無理です。

先日、地元神社の盆踊り大会の特設ビアガーデンですぐ近所に住む高校山岳部のN先輩と飲んだ席で、10月連休の話になりました。

先輩は日頃は日曜日しか休みが無い売れっ子カーペンターなので、毎年その時期にだけ高い山の登山を継続している、私にとって唯一の現役アルピニストの先輩なのです。

数々の山に共に登ったパートナー、直ぐに話はまとまりました。最初、私は白山程度なら行けそうな気がすると申告しましたが、先輩は乗り気では無い。

そこで、どちらからともなく西穂高岳をロープウェイを使ってなら、行けるかも。と直ぐに決まりました。

私にとっての難敵、蒸し暑さも10月なら解決しますし、むしろ雪が付いてアイゼンの世界になれば速く登る必要も無い。寒さはお手の物、末期がんになってからも毎年雪の中に寝に行ってます。

気負い過ぎずにへたれずに

目標は本峰ですが、天候と体調優先は当たり前。独標まででも構わないし、バテたとこから引き返すかもしれません。

ロープウェイの山頂駅から西穂山荘のテン場までならボッカもしれてる。

 

さあ、楽しくなってきました。

充分身体は動かしていますが、山に向けての肉体作りに励みましょう。

より高くより困難、それが我が高校山岳部の合言葉でした。

今は山高きが故尊からず。

しかし、北アルプスは大好物です。

死なんように気ぃつけよっと!

末期がんでも登ったる!

2018.8.22

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村