鉄道旅/青春18きっぷ信州放浪初日その2 〜ジョイフルトレインに疲れをいやされ〜

スポンサーリンク



f:id:acsekitori:20180910150649j:plain

2018.9.8 テツ旅松本駅長野駅

どうも、シバク・ドワレです。

前記事からのつづき

 

www.alpineclubsekitori.club

 

中津川から松本までの電車で妻がめげかけたのち、松本駅では珍客が到来しました。

「2番線、ご注意ください。団体列車が入ります。写真撮影のお客様は、足元の黄色い点字ブロックの内側までお下がりくださ〜〜い」

との放送が入りましたので、よほど珍しい列車が来るのかとワクワクしながら待っていると、見たことのある電気機関車と、見たことのない客車が入ってきました。お尻には見たことのないディーゼル機関車まで付いています。

 

f:id:acsekitori:20180910150023j:plain

f:id:acsekitori:20180910150036j:plain

f:id:acsekitori:20180910150348j:plain

どこかの地方都市の青年会議所がチャーターしたジョイフルトレイン、「びゅうコースター風っこ」らしいです。

 

f:id:acsekitori:20180912181504j:plain

f:id:acsekitori:20180912181720j:plain

牽引機であるEF64は、愛称「山男」。

山岳地帯の急坂をものともせず、主に貨物列車を引っ張って活躍している頼もしい電気機関車です。その昔は、客車時代の急行ちくまや普通列車など、客車を牽引する姿に憧れたものです。

しかし私はこの旧色よりも、ブルーの国鉄標準塗色の方が好きです。普通の感じで。

 

f:id:acsekitori:20180912181902j:plain

f:id:acsekitori:20180912182000j:plain

後ろにはディーゼル機関車のDD16が補機として付いていました。

補機というより、どっちの方向にも進めるように両運転台の意味で機関車が2台付いているのかもしれません。この組み合わせだと、電化非電化両方に対応できますしね。

私は特別車両マニアではないので、このDD16は初めて見ました。ラッキー!

 

f:id:acsekitori:20180912182249j:plain

f:id:acsekitori:20180912182308j:plain松本駅に入線し団体客が下車すると、慌ただしく車内清掃が始まりました。

夕方でもありますし、ダイヤに余裕がないのでしょう。

車窓から善光寺平に広がる夜景を眺めて

f:id:acsekitori:20180912183047j:plain

f:id:acsekitori:20180910150748j:plain

f:id:acsekitori:20180910150757j:plain

このあと、1734松本発長野行き普通に乗車。

姨捨(おばすて)駅のスイッチバック辺りで、日本三大車窓を眺めます。善光寺平が一望できるこの区間、この時間帯を選んだのはベストで、暮れ行く空に灯り始めた街のあかりがとてもきれいでした。

 

f:id:acsekitori:20180912183219j:plain

f:id:acsekitori:20180912183231j:plain

f:id:acsekitori:20180912183717j:plain

f:id:acsekitori:20180910150808j:plain

1853、長野駅に到着。

自宅を0540に出ましたので、13時間かかりました。途中のBBA騒ぎにて精神的に疲れたのもありますが、二人とも多少グロッキー。

盆休みのロケバンキャラバンでは山梨から富士山・名古屋経由で同じく13時間一人で運転して帰りましたが、その時の方が断然楽でした。運転では足や手をしょっちゅう動かしますし、しんどくなれば後ろのベッドで寝転べる。

それが鈍行列車の旅では足が伸ばせない上に、時間も強制されてしまいます。

この日は翌日のメーンイベントに向けての移動だけだったので、あまり面白みが無いのも精神的に疲れた原因でしょう。

 

f:id:acsekitori:20180912184434j:image
f:id:acsekitori:20180912184439j:image

f:id:acsekitori:20180910150835j:plain

f:id:acsekitori:20180910150845j:plain

駅ビルのお洒落なスーパーで晩飯を仕入れて、徒歩5分ほどのアイランドホテルへやってきました。

ここは我が夫婦にとっては特上のホテルで、大浴場には白馬から運んできた天然温泉が並々と入っており、無味無臭ではありますがやはり水道水とは違って湯冷めしません。

ベッドもクイーンサイズで、二人で寝ても余裕です。我が夫婦はラブラブなので。

部屋の掃除も行き届いており、朝食も無料のバイキング方式ですし、氷が無料でもらい放題なのが嬉しい。

これでルームチャージ¥9800、じゃらんのポイントが百円ぶんありましたので¥9700。多少奮発しました。後のことは考えません。

 

f:id:acsekitori:20180912184810j:plain

駅ビルで買った軽井沢と何故か東京の地ビールで乾杯する頃には、21時を回っていました。

さあ、明日はいよいよリゾートビューふるさとの乗車です。

天気はイマイチでも、あの快適な車両に乗るだけでもワクワクします。

つづく

2018.9.12記

ランキングに参加しています。順位が総てではありませんが、励みになりますので読み終えたら押してくださ〜〜い。ついでに興味ある広告があればご閲覧よろしくお願いします。どちらもクリックしても、勧誘などなんらかの不利益にはなりません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ

ボタンのどれかを押していただくと、そのジャンルの1〜50位のブログへ案内される仕組みです。これらのジャンルに興味を持たれた方は、たいへん参考になるブログばかりですのでご一読くださいね。私も愛読者です。