キャンピングカー/座敷の衣替えと買い物 〜季節の変わり目をロケバンの車内で知るなんて〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20180919182750j:image

2018.9.19 キャンピングカー日常使い

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

どうも、シバク・ドワレです。

今日は外出して、妻を買い物に連れて行きました。妻は自転車には乗れますが運転免許を取得していませんので、ちょっと遠くの買い物にはロケバンかX4に乗せて行きます。

 

f:id:acsekitori:20180919183635j:image

午前中は畳からラグへと季節変わりの模様換えをしました。

ついでに座敷下の収納から、日頃使わないモノを回収。これから冬に向けて必要なマルチシェードやゴアテックスジャケットなどを取りやすくしました。

 

f:id:acsekitori:20180919191124j:image

f:id:acsekitori:20180919191136j:image

リアのボックスも思い切って一つ撤去し、リアゲートから約1.3×1m、高さ30cm程の空間を確保。

これでテントやタープなどのキャンプギアを心置きなく収納できます。キャンピングカー、特にバンコンの弱点は、車中泊には万全ですがキャンプ時などの荷物の収納が弱い点なのです。

もちろん、本職であるカメラ機材の収納もバッチリ。

 

買い物終わり、くつろげば

 

f:id:acsekitori:20180919185036j:image

陽がかなり傾いてから買い物に出かけましたので、車内でくつろぐとき窓から吹き渡る風はもう肌寒いくらいです。

病院の門限から逆算して、渋滞を考慮しても1時間ほど余裕がありますので、妻と座敷でゴロゴロ。いろんな話を聞いてやりました。

気丈にはしていますが、やはり病身の私を待つ身。慣れぬ土地の話し相手もおらぬ寂しい部屋で長い夜を過ごすのは、風に揺れる秋桜の如く心揺らぐのは想像に難くありません。 

 

バンコンの利点は、このようにロングキャラバンや単発車中泊だけではなく日常の何気ない一コマでも自在に寛げることではないでしょうか。

そこにメーカーや車種、必要以上の広さは関係ありません。二人で使うのなら、二人でゴロゴロできれば良いのです。

かつて前の婚姻時代に乗っていたトラック型のキャブコンは、家族四人と一匹がゴロゴロするには最高でした。スペースワールドの年明けカウントダウンを夕方から車内で待つのも、広々とした車内でなんの苦労もないどころか幼い子たちとトランプに興じたりしたのも善き想い出です。

 

しかし、そのような大型のキャンピングカーをいま所有したところで、さすがに普段の買い物には使いづらい。

軽自動車などと二台持ちすれば良いのでしょうが、それでは買い物時にゴロゴロできんし。理想はキャブコンとバンコンの二台持ちですが、そんなことできるはずもなく。

 

と、同じことを千日手のようにグルグルといつものように考えていると、フロントウインドウから差し込む西陽も山際まで落ちており、車内が琥珀色に染まりました。

そろそろ妻を自宅に送り届けて、独り病室へと帰りましょう。

次は週末や!

2018.9.19