賀正/ご挨拶 〜日本晴れのもと寝正月〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190101190548j:plain

2019.1.1 謹賀新年

どうも、シバク・ドワレです。

みなさま、あけましておめでとうございます。旧年中はひとかたならぬご厚情を賜りまして、心より御礼申し上げます。

本年も何卒かわらぬご愛顧ごひいきをよろしくお願い致します。

 

新年の挨拶文言を三連発しました。

それほど、また一年生きながらえた喜びはひとしおです。

年が過ぎるのを実感できるのは誕生日と正月がありますが、私は正月のほうが気持ちを新たにしてまた一年がんばろう!と思えます。

 

今年は元号も改められますので、昭和〜平成〜新元号と、三世代を生きられる事になりますね。元号がかわるときにはまさに時代が激変するものですが、今年は平穏に過ぎ去って欲しいものです。

健康な皆さんでももちろんそうでしょうが、特殊な治療をしている身としては、戦争や世界的大恐慌などが起きてしまうと満足な治療が受けられなくなる危惧が生じますので、どうか何事も起きませんように。

 

f:id:acsekitori:20190101190628j:plain

f:id:acsekitori:20190101190656j:plain

f:id:acsekitori:20190101190708j:plain

f:id:acsekitori:20190101190720j:plain

新しい年は、近所の氏神様にお参りして参拝の行列の中で迎えました。

昨年は入院中でしたから、これだけでも元気に外に出られる悦びを実感できます。

有名な寺社仏閣も良いのですが、まずは地元でお参りして昨年の平穏にお礼を言って、新しい年の飛躍を願う。私はそうしています。

 

御神火を見ても、焚き火がしたくなる不節操さではありますが。

 

f:id:acsekitori:20190101191819j:plain
深夜1時過ぎに帰宅して、買ってあったトラフグのてっさで飲み初めをしました。

もう量は飲めませんが、食べ物同様に一度にたくさん摂らずに、少しずつ何回にも分けていただきます。

 

贅沢品だと認識はしていますが、私はトラフグが大好きなんです。

九州に親父の墓を参るときには、かならず山口辺りでふくを買い求めますが、大阪ではなかなか安くて上物には出会えません。

これは、年末のツーリングで伊丹市のスーパーへわざわざ買いに行ったもの。その甲斐あって、とても美味しい年の初めでした。

下へ続く

元旦だけは家にいましょう

f:id:acsekitori:20190101181800j:image

そのあと3時くらいまで夜更かしして正月気分満喫。

遅めに起床して、祝い箸を買い忘れた事に気付きました。新年早々そそっかしいサザエさん状態ですが、直ぐに買出しに。

コンビニには置いてなく、百均にありました。

 

さあ、妻の特製お雑煮と、同級生が贈ってくれたおせち料理で新年のはじまりです。

昔ながらの縁起物が一通り少しづつ入っており、たくさんは食べられない私への友の気遣いがありがたいです。

 

今年も楽しく安全にオートバイでツーリングを行い、キャンピングカーで放浪の旅をします。

今年もご愛読、よろしくお願いしますね!

2019.1.1

 

追記:大晦日に作ったトマト角煮の翌日(元旦)のできばえ

f:id:acsekitori:20190101201600j:image

味がしゅんで最高でした!

 

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。

スポンサーリンク