神戸市一周雪見ソロツーリング/オートバイ 〜なにもない、ただ寒いだけの北六甲〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190109172909j:plain

明石海峡大橋新春

2019.1.9 寒中ツーリング

どうも、シバク・ドワレです。

北摂での仕事を午前中にサクッと終え、CBで行ってましたのでこれ幸いとツーリングへ。

目的は、いつも西へ向かう時の通過儀礼、らーめん2国伊川谷店へ持ち帰りラーメンを買いに行くことです。食べて帰ればええやんって?いやいや、心優しき私は妻の分と2人前を持ち帰り、自宅でいっしょに食べるのを当然選択したのです。

 

神戸市西区にあるそのラーメン屋へ行くのに、北区から入って六甲山の裏を通り、表から帰ればフルに神戸を一周できます。だからどうした、と言ってしまえば身も蓋もないので、気にせず実行しましょう。

 

f:id:acsekitori:20190109220923j:plain

つつがなく仕事を終えて、イナイチ(R171)を西進。

 

f:id:acsekitori:20190109221046j:plain

f:id:acsekitori:20190109221111j:plain

池田市からイナロク(R176)へ転じて、宝塚市へ入ります。

六甲山は冠雪して、頂上付近はおそらくスタッドレスが必要でしょう。今日は通りませんが。

 

f:id:acsekitori:20190109221524j:plain

宝塚市の中心部を過ぎると、いよいよ山間部へ分け入ります。

天気は上々なので、いまのところ路面凍結や積雪の心配はありません。ミラーに映っているのは、私のウェア。ブルーのシワクチャなのは、カッパです。いつ時雨れてもいいように最初から着込んでいます。

 

f:id:acsekitori:20190109221817j:plain

f:id:acsekitori:20190109221840j:plain

f:id:acsekitori:20190109234739j:plain
山を登りきった、西宮市の山口辺りで積雪がありました。

降りたてではなく、おそらく前夜の積雪だと思われます。この時期、もうオートバイでの夜間走行は無理ですね。昼間の国道なら融けていますが、山間部の日陰は充分な注意が必要です。

 

f:id:acsekitori:20190109222241j:plain

三田市の手前でイナロクを離れて、県道へ。

神戸市北区のニュータウン内にある立ち寄り温泉の看板がおいでおいでしていますが、入浴してあったまっても確実に湯冷めが待っていますから、スルー。

 

f:id:acsekitori:20190109223502j:plain

f:id:acsekitori:20190109223530j:plain

f:id:acsekitori:20190109223555j:plain

神戸市の難読地名でもある、道の駅淡河(おうご)で小休止。

キャンピングカーでの神戸観光の拠点にもなりますが、寒さのピーク時には積雪も考慮しなくてはなりません。車中泊のかたは、スタッドレスを履いてどうぞ。

冷え切った体に、ほっとレモンがほっと染み渡ります。

 

 

f:id:acsekitori:20190109222451j:plain

もう六甲山からは完全に離れて、山の中のワインディングを走ります。

信じられないでしょうが、この風景も神戸市です。神戸市のイメージは港が見える坂道や三宮の繁華街でしょうが、それは六甲山の南側の細長い区域で、北区や西区のほとんどはこのような何の変哲もない田舎道や山道です。

三木市の一部をかすめながら、ほぼ真西へ走ります。

下へ続く

山の中から一転ニュータウンへ 

f:id:acsekitori:20190109222806j:plain

f:id:acsekitori:20190109222835j:plain

突然、開けたところへやってきます。

ここは西進ニュータウン西神中央駅近辺。結婚式場を備えたシティホテルまであります。ここからは、急いでいる時は三宮まで直通できるバイパスがあります。

 

f:id:acsekitori:20190109223843j:plain

f:id:acsekitori:20190109223859j:plain

f:id:acsekitori:20190109223920j:plain

やってきました、らーめん2国。

わたしの真のソウルフード。このラーメンがなければ、おそらくがんに負けていたでしょう。親戚でも知り合いでもないなんの関わりもない単なる飲食店ですが、もう通いつめて30年になります。

いっとき問題があって閉店の憂き目に遭いましたが、無事に復活。多店舗展開をやめて、現在は5店ほどになっています。この伊川谷店のみ持ち帰り可能。並なら2人前1000円で食べられるので、自宅で作るのを苦にしない方ならお得かも。

今日は大盛り2人前にひとつだけニンニクをトッピング。これで¥1300です。

これからもよろしく。

 

f:id:acsekitori:20190109224258j:plain

五分もかからずに持ち帰りを用意してくれたので、逆に休憩する時間がありませんでした。

寒中耐久レースの様相を呈してきましたが、急な坂の向こうに淡路島が見える神戸市西部らしい風景に心和みます。

 

f:id:acsekitori:20190109224557j:plain

らーめん2国伊川谷店がある神戸市西区から真下(南)に降りると、大蔵谷海岸に突き当たります。

そこは天下の国道2号線。九州久留米に先祖の墓がある私は、このルートを何回通ったことかわかりません。

今日は急ぐ旅でもなし、舞子の手前で海沿いの空き地にCBを駐めて明石海峡大橋の冬景色を心に留めます。

 

f:id:acsekitori:20190109225121j:plain

R2は大阪梅田のR1との接合部から山口県下関市関門トンネルまで通じていますが、神戸市にも風光明媚な区間があります。

海水浴で有名な須磨海岸がその代表格。この三角屋根は、須磨水族園です。イルカショーで有名ですね。

お孫さんを連れて行く時は、月曜定休にご留意を。以前月曜にここを通った時、閉まっているゲートの前でギャン泣きしている幼児になすすべもないおばあちゃんとママを見かけましたので。

 

f:id:acsekitori:20190109225646j:plain

須磨を過ぎると、R2は阪神高速神戸線の高架下を走ります。

雨や雪をしのげるのは私の地元、第二京阪道路下といっしょですね。真夏にも、その容赦なく照りつける日差しを遮ってくれますのでライダーには天国です。

これは三宮を過ぎて摩耶からヨンサン(R43)に入っても、大阪市までずっと続きます。

 

f:id:acsekitori:20190109230212j:plain

画像ではあっという間に大阪市内ですが、ヨンサンをだらだらと走りましたよ、250のライダーに勝負を挑まれながら。

なぜ1300に250が挑んでくるのか不明ですが、よくあります。私の愛馬がアメリカンっぽいスタイルなのに、SSのごとき四発の咆哮を轟かせるからでしょうか。相手にしませんが。

 

f:id:acsekitori:20190109230718j:plain

f:id:acsekitori:20190109230828j:plain

ここは大阪市西区の重要ポイントである、阿波座

今日は渋滞もなくのんびりしています。正月明けの仕事ラッシュも一段落したようですね。

 

f:id:acsekitori:20190109230925j:plain

弁天町でヨンサンを捨ててから、中央大通りを阿波座〜本町と大阪市の中枢を通過しました。

ここは元東区、現在の中央区東部の重要ポイントである法円坂。すぐ横にNHK大阪放送局大阪城があります。

 

f:id:acsekitori:20190109231418j:plain

f:id:acsekitori:20190109231500j:plain

都合200kmほど走りましたので、本日二回目の給油です。

年末から微妙に価格が乱高下しましたが、このくらいで落ち着いて欲しいものです。

 

f:id:acsekitori:20190109231648j:plain

f:id:acsekitori:20190109231712j:plain

帰宅すると、もう妻は帰っていましたので急いで入浴。

お楽しみの2国のラーメンを作りましょう。背脂たっぷりの豚骨醤油スープに余命を短くする雰囲気がムンムンしますが、心置きなく進行します。

このスープは持ち帰りとは言え粉末ではなく、店舗のものをそのままパウチしてくれますのでインスタント感は皆無です。

 

f:id:acsekitori:20190109231811j:plain

f:id:acsekitori:20190109232023j:plain

これです、これ。
お店とまったく同じ味が自宅カウンターで楽しめる、この至福さよ。

 

さあ、生命にエネルギーを補充したところでキーボードを置きましょう。

今年も走るで!

2019.1.9

 

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。

スポンサーリンク