ロケバン キッチン小改良/自作 バンコン キャンピングカー 〜人の情けに触れながら、熱き炎は燃え盛る〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190224234815j:image

2019.2.25 ロケバン進化

どうも、シバク・ドワレです。

おとといの夜、地元同士で交流を高める、売ります買いますサイトをマメにチェックしていたら、なんと高級キャンプ用品メーカーのユニフレームのツーバーナーと、天下のイワタニカセットガスランタンを無料であげます、との投稿がありました。

しかも、自宅のお隣の市。

 

ツーバーナーの方はお気に入りに多数マーキングが入っていたので望み薄だったのですが、ランタンは掲載されて直ぐなので、私一人の様子。

これは!と即断して直ぐに応募しました。

ダメ元で、ツーバーナーもまだ決まってなければ是非お譲り下さい、と書き添えて。


f:id:acsekitori:20190224234926j:image
f:id:acsekitori:20190225001502j:image

すると、程なくして返事をいただき、ツーバーナーは問い合わせと応募が多数来ているが、一人にまとめる方が楽なので貴方に二つとも譲ります、との嬉しいお言葉。

直ぐに受渡し日時と場所の調整をして、取りに行って来ました。

20年前の懐かしい品番ですが、ユニフレームは同じ新潟県燕市に工場を構えるライバル、スノーピークと火花を散らして切磋琢磨している名ブランドであり、こちらはテントなどよりコンロや焚火台/バーナーなどを主力としていますので、質実剛健な耐久性抜群の品です。

 

早速箱を開けてみると、取説まで入ってました。几帳面な性格の人みたいで、かなり綺麗です。数回しか使用していない、との文言に偽りは無さそうです。

もっとも、例え汚く錆び付いていたとしても無償ですから文句は言えませんが、とにかく新品同様。

 

f:id:acsekitori:20190225002823j:image
f:id:acsekitori:20190224234836j:image
f:id:acsekitori:20190224234917j:image
f:id:acsekitori:20190224234845j:image

ロケバンからサウスフィールドのツーバーナーを撤去して、ユニフレームを設置。

直ぐに点検をしました。

一発着火で、炎もきれいな色で安定しています。

 

キャンプ用品や登山洋品店では無く、ホームセンターで見かけるサウスフィールドがダメってことは無いのですが、やはり作りに差はありますね。全体的に鋼板がユニフレームのほうが厚く、溶接部分もしっかりしているので、開閉時によじれが無く安定感があります。

 

f:id:acsekitori:20190224234921j:image
f:id:acsekitori:20190224234900j:image

f:id:acsekitori:20190225073109j:plain
f:id:acsekitori:20190225003237j:image

決定的な差は、サウスフィールドではガスボンベが登山用バーナーやコールマンガスランタンなどに使用するOD缶なのに対して、ユニフレームのこのバーナーは家庭用のCB缶なのです。この差は大きい!

 

スーパーやホムセンなどで3本で¥258とかで売ってる、コン郎などが使えるのです。

対してOD缶の方は、1本で¥500くらいしますから、ランニングコストに大きな差が出ます。中身をCB缶からOD缶に詰め替えて使用する人もいるでしょうが、危険を伴うので推奨はできませんしね。

 

厳寒期の屋外では、もちろんOD缶の火力には叶いませんが、私はキャンピングカー内のキッチンに常設して使用する目的ですので、ノープロブレム。

仮に冬のキャンプで屋外調理をするような時には、先ほどのOD缶仕様のサウスフィールドがありますからなんの問題もありません。

下へ続く

こちらも無料ですが役立つ逸品
f:id:acsekitori:20190224234851j:image
f:id:acsekitori:20190224234911j:image

おまけに、イワタニのランタンもCB-100なる品番で、家庭用CB缶用です。

ダブルでコストダウンが図れます。

その昔オートキャンプがブームだった頃に流行った商品で、以前ネットオークションで探した事もあるのですが、廃盤後も人気があるようで、高値で推移していたので手を出さなかったのです。

 

欲しかった物たちがタダで手に入るなんて。

なんてこったい!

天の助け、有難や有難や。


f:id:acsekitori:20190224234841j:image
f:id:acsekitori:20190224234855j:image

発売当時の値札が付いています。

定価は¥12000もするんですね、さすがはガス用品のトップブランド。


f:id:acsekitori:20190224234800j:image

あまりの嬉しさに、思わず妻を散髪に連れて行き、はなまるにて天ざるうどん大を美味しく食べる事が出来ました。

副作用真っ最中なんですがね。

 

やはり、病は気から。

好きな事をしていたら、苦しみなんか飛んで行きます!

2019.2.25

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 おもしろそうな広告がありましたらクリックしていただけたら、とても助かります。

スポンサーリンク