1泊車中泊 仕事後の近江平野/自作 バンコン キャンピングカー 〜われは湖の子、さすらいの〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190227204915j:image

2019.2.27〜28 車中泊河内〜山城〜近江〜山城〜河内

どうも、シバク・ドワレです。

久しぶりに仕事を受注して、それが琵琶湖に近いところでの企業取材だったもんですから、これ幸いと車中泊しました。

もちろん妻を伴ってです。

 

まだ入院中なので連泊はできませんが、例え1泊でも気分転換にはもってこいなのがマイキャンピングカーでの夜のひとときです。

 

f:id:acsekitori:20190227205350j:image

まずまずの天気のなか、仕事先に向かいます。

当初は京都市内を経由する一般的コースを辿る予定でしたが、自宅出発後直ぐに高速道路入り口の電光掲示板に京都南〜大津事故渋滞4kmの表示が。

この区間で事故が起こると本当に車列がストップする事もありますので、即座に宇治田原町などの山間部経由に変更。

 

f:id:acsekitori:20190227205743j:image
f:id:acsekitori:20190227205737j:image
f:id:acsekitori:20190227205731j:image

湖南の守山市で1時間くらいでつつがなく業務撮影を終えて、近くの平和堂スガキヤラーメンを食らいました。

そのあと入院疲れからかめっちゃ眠たくなったので、とりあえず琵琶湖大橋西のたもとにある道の駅琵琶湖大橋米プラザを目指して近江平野を快走。

 

この辺りから湖東・湖北にかけては広大な田園と琵琶湖のおかげで、実に大陸的光景を満喫できます。

早く春になってペケよんでツーリングしたい!

下へ続く

琵琶湖大橋を渡って

f:id:acsekitori:20190227210224j:image
f:id:acsekitori:20190227210239j:image
f:id:acsekitori:20190227210244j:image
f:id:acsekitori:20190227210233j:image

前に渡ったのはいつかさっぱり覚えていない、琵琶湖大橋

頭の中では既に無料化されているイメージだったのですが、しっかりと¥120取られました。

しかしETC対応ですし、維持管理を思えばそれくらいは払わなければいけませんね。

 

f:id:acsekitori:20190227210702j:image
f:id:acsekitori:20190227210646j:image
f:id:acsekitori:20190227210651j:image
f:id:acsekitori:20190227210656j:image

道の駅に着きました。

不思議なもので、いつも休憩場所に着くとなぜかパワーが出てきて、寝る気が失せるのです。

 

夕食の買出しは済ませてありますからここで一夜を過ごしても良いのですが、夜間はトイレの大きいほうが閉鎖され、めっちゃ小さいトイレのみ。

何よりもトイレを優先する私としては、ここで寝るわけにはいきません。かなり前からある道の駅ですから、衛生的にもちょっとね。

 

とても湖とは思えない巨大な船舶や琵琶湖大橋の撮影を済ませたら、よく利用する湖西道路のオアシス、道の駅妹子の郷へと河岸を変えます。

 

f:id:acsekitori:20190227211309j:image

先ほどからチラチラと何回も登場している山並みは、大好きな比良連峰。

まだ2月なので、暖冬とはいえびわ湖バレイスキー場にはたっぷりと積雪がある模様。

同じ近畿の兵庫県北部にある神鍋高原スキー場は、雪不足によりほぼクローズしてしまいました。

頑張れ、近郊スキー場!

 

f:id:acsekitori:20190227211510j:image
f:id:acsekitori:20190227211516j:image
f:id:acsekitori:20190227211522j:image
f:id:acsekitori:20190227211527j:image

10分ほどで到着。

この道の駅ならまだ出来て数年ですし、無料ハイウェイである湖西道路のサービスエリアを兼ねていますから、トイレは抜群の環境です。

 

f:id:acsekitori:20190227211742j:image
f:id:acsekitori:20190227211737j:image

小野妹子のユニークな看板が出迎えてくれます。

24時間オープンのローソンも併設されていますし、本館の土産売り場もけっこう遅くまで営業していますから、ここなら寛ぐには最適です。

自宅から2時間もかからない近所ですし、仕事とは言え、ここに着くまでの間けっこうキャラバン気分を楽しんで旅気分です。

 

f:id:acsekitori:20190227204915j:image
f:id:acsekitori:20190227212055j:image

平和堂で買った、寿司をいただきます。

琵琶湖で寿司と言えば鮒寿司ですが、私はクサい食いモンが苦手なので江戸前です。

海は遠いのですが、本格的な魚屋さんが仕出しをしている海鮮コーナーがありましたので、とても美味でした。

 

f:id:acsekitori:20190227212659j:image

仕事帰りですので、機材満載。

この他にも巨大な三脚がありますが、それは座敷の下に収納しています。

 

f:id:acsekitori:20190227213743j:image
f:id:acsekitori:20190228024456j:image

f:id:acsekitori:20190227214304j:image

晩飯のあとは、照明を怪しげに落として、バー・ドワレ、オープンです。

妻は紅茶で、呑むのは私ひとりですが、その方が私は嬉しい。横であまりに呑んでクダを巻かれてもねぇ。

 

こうやって楽しき仕事帰り旅の夜は更けて行きました。

2019.2.28記

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク