ロケバンリフォーム・テレビジョン移設/自作 バンコン キャンピングカー 〜観なくとも、ただ有るのみで安心し〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190406205516j:image

2019.4.7 ロケバンサグラダファミリア

どうも、シバク・ドワレです。

ある時、ふと気付いたんです。

私の自作キャンピングカー、ロケバンは、小改造を繰り返すうちに材木などがまるで悪性腫瘍が増殖するがごとく増えてゆき、ある期間が来るとバサっと切り取るのですが、日頃は増えすぎないようにチョコチョコと手を加えて調整してるんです。抗がん剤で治療をするように。

 

そう、なんと無意識のうちに私は身体のがんとクルマを同調させているのでした。

で、さらに気付いたのは、私が度々内部をリフォームしているのは決して進化などではなく、単に配置をぐるぐるとシャッフルしているだけだと。

 

というわけで先日、マイキャンピングカーのロケバン座敷のカウンターを更新した記事を上げました。

 

www.alpineclubsekitori.club

まだ入院してるのでバーとしての実使用はありませんが、息抜きにゴロゴロしに駐車場まで行ってチョコチョコ触ってます。

誰に見てもらうわけでもなく正にマスターベーション的行為なのですが、その楽しみたるや、抗がん剤の副作用など軽く凌駕します。アドレナリンやドーパミンが出るんでしょうな。いわゆる、自己麻薬です。

好きなことをしろ、ってのはそういうことなんでしょう。

 

で、またもやその好きなことをしました。

 

before

f:id:acsekitori:20190406200133j:image

ロケバンのテレビジョンは、22インチの東芝REGZA

住宅に置いたら小さなものですが、車内だと意外に大きいのですよ。邪魔とも言います。

で、以前は座敷に布団を敷き、頭はフロント側(車内中央)にして寝ていたので、テレビは最後部の棚に付けていたんです。

ごろ寝しながら観れますからね。

 

しかしその妻と並んで座敷入り口に枕を置く寝方だと、どちらかがトイレに行くときは頭を踏まれる恐れがあるので、起きなくてはなりません。なので、カウンターをリフォームしたのをきっかけに、枕を最後部に置くことにしたのです。

 

before

f:id:acsekitori:20190406204120j:image

すると、REGZAちゃんが頭のすぐ上にあり、圧迫感があり、寝ボケて起き上がると頭をぶつける。

頭を打ち続けてこれ以上カシコなったら困りますので、REGZAを車内中央に移設する事にしました。

下へ続く

大工作業の開始です 

f:id:acsekitori:20190406204503j:image

これは座敷のバーカウンターの前、車内中央にあるダイニングキッチンの右側(スライドドアの反対側)です。

真ん中のファンは扇風機兼換気扇。その下は、冷蔵庫です。写真左側は手洗い用のギャレー。

散らかっとりますが、いつもいつも装備や小物を片付けてまるでモデルルームのような写真だけをアップするのは本意ではありません。カタログ思考は大嫌いですから。

 

f:id:acsekitori:20190406210148j:image
f:id:acsekitori:20190406210158j:image
f:id:acsekitori:20190406210212j:image

まずは手始めに、カウンター左で邪魔をしているAC100VのLED3灯照明を分解し、ブラインドを外したオレンジの手摺りに移設しました。

いつものように、黒のタイラップを巻いて固定して行きます。末端処理の写真を撮るために、適当に刃を当てましたが実際に切るのはもっと接合部寄り。

文具ハサミでは太刀打ちできませんので、ニッパで切断します。

REGZAを移設するための作業なのに、REGZAを移設する事をすっかり忘れて電源ケーブルごと固定してしまいました。だいぶボケが進行しているようで、細かい事でクヨクヨせずに済んでなにより。

直ぐにやり直しました。

 

f:id:acsekitori:20190406211204j:image

さあ、テレビを移す作業開始。

この電装系設備がごちゃごちゃしたところを覆い隠すように、上に台を作りましょう。


f:id:acsekitori:20190406211937j:image

以前、カウンターから続くテーブルとして機能させた変形三角のヒノキ一枚板。

先日、クルミの分厚いカウンターに替えたので余ってしまい、どうしたもんじゃろと思案していましたが、この斜めになった変な板がちょうど良さげ。

 

f:id:acsekitori:20190406212601j:image

せっかく付けた脚を、グイグイ外してゆきます。

 

f:id:acsekitori:20190406212722j:image
f:id:acsekitori:20190406212736j:image

で、家に転がっている2×4の木っ端を適当にあてがってみると、なんと言う事でしょう!

一発で水平が出ました。ラッキー!!今日はついてるようです。

 

f:id:acsekitori:20190406213156j:image
f:id:acsekitori:20190406213210j:image
f:id:acsekitori:20190406213141j:image
f:id:acsekitori:20190406213124j:image

L字金具や長めのコーススレッドを駆使して、順調に固定してゆきます。

この斜めになった部分に、REGZAを取り付けるのですよ。これが綺麗な長方形の板だと窓と並行になってしまい、寝転んだ時に画面が見えません。

窓と直角にREGZAを取り付ける案も出ましたが、邪魔すぎるのとカウンターにて呑む時に観ることができなくなるので、このナナメがちょうど良い塩梅です。

やはり変態は変態なりに、変態な材料を買うもんですな。変形やから安かったし。

 

f:id:acsekitori:20190406213838j:image
f:id:acsekitori:20190406213824j:image
f:id:acsekitori:20190406213849j:image

ギャレーのホワイト/グレータンクを取り出すのにも影響しません。

先にアンテナや電源の配線を済ませ、後ろの棚からREGZAを外しました。

 

f:id:acsekitori:20190406214145j:image
f:id:acsekitori:20190406214117j:image
f:id:acsekitori:20190406214132j:image

ここまでくると作業も簡単です。

ヒノキの必要は無く、勿体無い気もしますが、ギャレー前で水がかかるかもしれませんしマア良いでしょう。

 

f:id:acsekitori:20190406214403j:image

サクッと取り付け完了しましたので、早速電源をオンしてみます。

池乃めだか師匠も喜んでくれました。

 

f:id:acsekitori:20190406214606j:image

テレビ裏のデッドスペースも無駄にはしません。

ここには洗面具などの、頻繁に使うわけでも無いが必要な時にサッと出したいグッズを収納。

 

f:id:acsekitori:20190406214857j:image
f:id:acsekitori:20190406214843j:image

REGZAがなくなりスッキリしたリア棚には、封筒型シュラフを押し込みました。

特に落下防止手段を講じなくとも、シュラフの内圧がかかって落ちてきません。これで非就寝時の座敷がかなり広くなりました。

 

f:id:acsekitori:20190406215321j:image
f:id:acsekitori:20190406215314j:image
f:id:acsekitori:20190406215258j:image

ものはついでという事で、時候的にも衣替えをば。

新品入手した、畳ラグを敷き詰めます。ゴザみたいに見えますが、違う点は中にクッションがあり本物のい草ですので、香りも上々。

これからのポカポカ陽気の元での昼寝が楽しみです。

 

f:id:acsekitori:20190406215750j:image
f:id:acsekitori:20190406215804j:image
f:id:acsekitori:20190406215729j:image
f:id:acsekitori:20190406215744j:image

遊郭と見まごうばかりの、怪しさ満載の和風サロンが完成しました。

白いテレビ台の戸が、片方だけちゃんと閉まらなくなったのはご愛嬌。おそらく重さに負けて建て付けが悪くなったのでしょう。そのうち直します。

 

f:id:acsekitori:20190406220446j:image

完成の喜びもつかの間、自宅から病院への帰り道に夜桜見物渋滞にハマってしまいました。

1km進むのに、1時間!アンラッキー!今日はついてないようです。

人生、チャラですな。

 

駐車場が10数台分しか無い桜のトンネルに、車で行こうとする不心得者たちの所為です。混んでるとこだから行きたがり、空いてるなら群がらない群集心理にも困ったもんです。いつも1時間で帰れる病院への道が、2時間以上かかってしまいました。

 


f:id:acsekitori:20190404172928j:image

これは先日撮影した、病院でのロケバンレギュラーポジションです。

当然専用では無く先着順ですが、いちばん端っこなのでいつも空いています。

スーパーなどでもそうですが、必ず駐車スペースは入り口に近いところから埋まって行きますよね。足の悪い人や老人なら解りますが、観察していると若い人でもほぼその傾向が見受けられます。

ちょっとは歩かないと足がヘタリますよ!

 

背景の桜は、この時はまだまだ三分咲き程度。昨日あたりから一気に咲き誇りました。

陽当たりは最高で、1日に8時間程度は車内ソーラー発電所を稼働させてくれます。

この環境の良さが、この病院を選択した最大の理由。やはり院内の新しさや清潔さだけではなく、周辺環境も治療に於ける精神状態を良好に保つために大きく寄与します。

 

入院生活はまだ半月以上続きますが、気分は田舎でのロングキャラバン。

本当の旅はお預けでも、私の心はいつも旅をしております。

2019.4.7

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク