付き合う相手/雑感 〜妻を守れば国も守れる〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190828154146j:plain
2019.8.28 エッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

みなさんは、お付き合いする相手を選びますか?

私ははっきり言って、選んでます。

もう再婚してこの上なく幸せですから、男女交際ではありません。性別に関係なく、日頃のお付き合いのことです。

 

私は、自分では記憶力と空間認識力は良いけれども知能指数的には中の中くらいかな、と自己評価していますから、自然と付き合う相手も中の上から中の下くらいの人を選んでいます。あまりにも知能指数が高すぎて逆に世間知らず的な人は避けますし、思考力判断力が低レベルすぎてアオリ運転や暴行を働くような人には近寄りたくもない。

学歴はあまり気にしません。

たとえ世間的一流大学卒や超巨大企業勤めだろうが、関係ありません。

そんな人がいくら私に説教や訓辞を垂れても、私の爽やか、かつ終わる事を知らない弁舌に勝てる人は占い師や宗教人にも存在しないでしょうから楽しければ付き合いますし、例え小学校から不登校で学問を知らなくても、実体験を面白く語れる人とは酒を交わします。

 

と、これはあくまでも選り好み・好き嫌いの激しいイヤなヤツぅな私の話です。

ところが、女性である妻はそうもいかないらしい。

準都会のマンション暮らしですから、近所づきあいは顔を合わせた時の挨拶程度で、特に支障はありません。web投稿でよく目にする田舎での付き合い、例えば自治会に於ける高額参加費の会合強制問題とか、老人会の下働き、みたいなトラブルには巻き込まれません。

しかし、妻はパートタイマーではありますが職場を有していますので、そこではある程度ガマンをしなければならない。

最近のおばさんパワーには呆れるばかりではなく、私は実際に対決すべく行動するのですが、妻はそんな訳にはいきません。より酷いイジメに遭うからです。必然的に、嫌なことを言われてもネチネチと恫喝まがいの言動を受けても、せいぜい私に愚痴るくらいしか手はありません。

私は妻の話を精一杯受け止めて善処を指示するタイプですから、妻も概ねそれに従い、丸く収めているようです。

下へ続く

私が動かず誰が動く 

しかしながら、妻の現在の職場はまあマシな方なんですが、以前の飲食店やスーパーの惣菜調理などでは、パワハラや姑息なイジメ全開のところもありました。そんな時私はすかさず架電してアポを取ったのち敵のナワバリまで乗り込んで説明を求め、以降の改善を要求したことが何度もあります。

 

www.alpineclubsekitori.club

なぜ、ある特定の女性が妻に対してそのような稚拙な言動を繰り返すのを許容しているのか。

それが利益追求企業にプラスになっているのか。

それを念頭に、平たく言えば

「ワイのヨメを泣かしてみぃ。どうなるかわかってるやろな。黒板を耳のそばに持って行って、人差し指の爪で思いっきりギギィ〜〜って引っ掻いたるど!(既出)」

みたいな感情で、しかし低く落ち着いた口調で苦情を述べます。決して、シバク・ドワレなどとは申しません。脅迫で捕まりたくないですから。それらの苦情は主に職場の上司向けですが、本来ならその陰湿ババアに直接言ってやりたい。強要や恫喝・脅迫及び侮辱は、立派な重大犯罪の刑法犯ですよ、と。

生まれてこのかた、オバはんやババアに口で負けた事無いですから。

 

子供の喧嘩に大人が口を出して。。。みたいに捉える人もいたはるでしょう。

しかし、身寄りのない妻を、私が守らなくて誰が守るんですか!

こんなええ相方は、この銀河系やM78星雲を精一杯探しても他には居らんでしょう。

 

これからもオバハンパワーの遥か上を行く末期がんオッさんパワーで、妻をいじめるババアに立ち向かう所存で御座います。どうか、末永きご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

2019.8.28

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク