ロケバンリノベーションvol.1・天井棚の独立と増設/自作 バンコン キャンピングカー 〜暑い中、ロケバンいじりに精を出し〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190903225700j:plain2019.9.2 ロケバン改革第一弾

どうも、シバク・ドワレです。

ロケバンの車検を年末に控え、その時に簡単に装備を搬出できるように大改革、リノベーションを行いました。

その第一弾として、まずは座敷に多数脚を伸ばして支えていた天井棚を、独立させることにしたんです。

 

Before

f:id:acsekitori:20190903230400j:plain

Before

f:id:acsekitori:20190903230752j:plain

Before

f:id:acsekitori:20190903230816j:plain

座敷が棚と固定されている=簡単には座敷を解体できない、との公式が成立します。

もちろん下と繋がっているほうが強度的には良いのですが、それだと車検の時に不要な家具などを搬出できません。ですから、それを解消したのです。

 

f:id:acsekitori:20190903225849j:plain
そこで、今まで棚が無かった左サイド後部にも増設して、リアの三方と右サイド全面を棚としました。

棚オタク、ここに極まる。

 

f:id:acsekitori:20190903225951j:plain

私の大好きな、天然木の一枚板。
この画像のうち、左のは今までリアゲート前の棚にしていました。右端は、右サイドの棚。真ん中のは、バーカウンターにしていたイヌマキです。

このうち、イヌマキをリア中央の棚にして、元リア中央の板を左の棚にしましょう。

イヌマキは長い間カウンターとして愛用していたのですが、最近では若い棚たちに隅に追いやられ、挙げ句の果てに自宅へと引退する始末。

もうひと花咲かせてやるために、棚にすることにしたのです。

 

なぜ狭くなるのにリア三方の全面を棚にするかと言えば。

それぞれを固着することにより、相互に支え合う、協調システム・助け合い運動をさせることにしたからです。

下へ続く

四つの棚を支え合わせて力を分散 

f:id:acsekitori:20190903230915j:plain

f:id:acsekitori:20190903231133j:plain

こんな風に、棚と棚を相互に支え合わせて、力を分散させています。

ロケバンには、オプションで長いグリップ(オレンジ色のやつ)が付いていますので、それをベースにできるのが大きいです。

これが無ければ、このプランは不可能でしょう。

 

f:id:acsekitori:20190903231334j:plain

f:id:acsekitori:20190903231349j:plain

これは、先日扉を付けた、右サイド前方のロング棚。

これも1×4の木材をプラスして、隣の棚に固着して支えています。

 

f:id:acsekitori:20190903231659j:plain

f:id:acsekitori:20190903231822j:plain

f:id:acsekitori:20190903232007j:plain

これは、左サイドの棚の様子。

一番前にL字金具を装着して、グリップに引っ掛けています。見た目はイマイチですが、強度的には充分。売り物ではありませんし、どうせ外からは見えません。

一番奥に、怪しい木材と金具が写っていますね。。。

 

f:id:acsekitori:20190903232329j:plain

f:id:acsekitori:20190903232352j:plain

これは、リア中央の棚を独立させるために、上の隙間に引っ掛ける様子です。

これも見た目はイマサンですが、強度はテストの結果大丈夫でした。なんで金具がぐにゃぐにゃに曲がっているかと言うと、急に思い付いて、テレビの裏から外したからです。

 

f:id:acsekitori:20190903232632j:plain

f:id:acsekitori:20190903232658j:plain

同じように扉棚の最前部も、ロング金具を引っ掛けて吊るしています。

ご覧のように、見事に棚が脚なしで独立しました。

だいじょうぶかいな?と思われますか。私も思いました。

で、テスト走行の結果、きしみ音もなく見事に付いています。いままでリアの棚にはJBLのクソ重たいスピーカーが載っていましたが、それはリノベーションにより違うところへ移動しますので、もうリアの棚にはシュラフなどの軽いものしか載せません。

 

実は、この棚独立作業は9/2に行い、これを書いている9/3には違う作業へと進んでいます。もう大体は完了しましたが、二日とも9月とは思えない酷暑の炎天下で、さすがに退院明けの体にはしんどかったです。水飲みまくり。

明日は、いちばん大変な電装関係の作業がありますので、もう寝ます。

あ〜、しんど!

2019.9.3記

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク