妻とのLINE/私小説 〜おーほっほっほっほ!〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20190926234106j:image

2019.9.28 ダラダラエッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

あかん。

ロケバンのリフォームをしなさ過ぎて、身体にカビが生えそうです。

そこで恥を忍んで、妻とのLINEのやり取りから秀逸なる私の銘文をさらけ出しましょう。

なお、個人情報保護法遵守の観点から、妻の返信は割愛します。

一言でいうと、いつものことですが呆れて返事がなく、驚きと諦めのスタンプだけやったんで。長い一言やな。

 

業務連絡、業務連絡。

おい、妻!

呆れてもシカトすんなよ!シバク・ドワレ!

下へ続く

なるほど!でしょ?

「間違うて、アールグレイティーバッグに緑茶を注いで、一瞬で引き揚げたらけっこう美味やという」

「こうやって、タコやらウニやら食われるようになったんやな」

「あんなもん、絶望的に空腹か、間違わんと口にせんで」

 

平和やわあ。

2019.9.28

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク