秋真っ盛りキャラバン2019・第2部 東京静岡編 大阪通過〜刈谷ハイウェイオアシス〜足柄SA〜小田原駅〜ロマンスカー乗車/ロングキャラバン 〜ひたすら移動して、ロケバンからロマンスカーへバトンタッチ〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20191108103535j:plain

小田急電鉄田原本線 特急はこねVSE


2019.10.31〜11.2 ロングキャラバン摂津〜山城〜近江〜伊勢〜尾張三河遠江駿河〜相模〜武蔵

どうも、シバク・ドワレです。

旅も無事に終盤を迎えることができ、今は11/6ー1300。お伊勢さん内宮駐車場の順番待ちです。

→とても書ききれず、今日(11/7)予約していた歯科受診を終えて無事に帰宅し、さらに疲れて眠りこけて起床した11/8に書いとります。

 

f:id:acsekitori:20191106155648j:image

10/31、大阪を通過する前に茨木市の天然温泉極楽湯にて汗を流し、夕食を。

期間限定の、大海老三匹が立っている天丼にて満腹になりました。まだ運転が残っているので、麺類は追加せず。


f:id:acsekitori:20191106130406j:image

茨木ICから名神に乗り東進しますが、草津から新名神にと分け入るJCTから大渋滞に遭遇しました。

どうやらその先の土山あたりで、トラックと乗用車が衝突して車線を塞いでいるようです。我々は先を急ぎませんが、周りは高速路線バスや定期運行らしい長距離大型トラックの群れが地団駄を踏んでいます。

 

この日は伊勢湾岸道に入り、刈谷ハイウェイオアシス(刈谷PA)に錨を下ろしました。

ここは主要幹線高速道の交差路ではありますが、あくまでも昼間のハイウェイオアシスがメーンの施設ですので、夜間はフードコートなどが閉鎖されます。

今回のキャラバンは、ルート上にRVパークが無いのでキャラバン開始早々に一泊だけ泊まった宿以外は総てSAか道の駅泊になりますので、サブバッテリー温存のため車内の電子レンジもなるべく使いません。

そのため車内で火を使うのがはばかられるのでほとんど外食になる訳ですが、同じような外食をどれくらい続けたら飽きるのか挑戦してみました。

 

この時はフードコート閉店後に刈谷PAに到着しましたが、入り口にメニュー看板だけがライトアップされています。

買い込んであった惣菜などで夜食を済ませたのですが、そのメニューを見ると名古屋メシが無性に食いたくなる。しかしどうしようもない。この設定を考えた奴は相当なドSやろな、と思いつつ寝ました。

 


f:id:acsekitori:20191106130354j:image
f:id:acsekitori:20191106130413j:image

夜が明けて、開店時間の9時に店に駆け込んだのは言うまでもありません。

味噌カツ丼きしめんのセットにしました。

味噌ダレは最初は美味いのですが飽きてきますので、私には普通の卵とじカツ丼のほうが合っているようです。

ラーメンも同じように、独特の味噌ラーメンだと途中で飽きてしまいます。関東・東北系の濃い味噌味は特にその傾向が顕著に出ます。身体が塩分に対して拒絶反応を示すのです。ま、好みの問題ですな。

 

f:id:acsekitori:20191107112324j:image
f:id:acsekitori:20191107112342j:image

さて、カレンダーは11月に入りました。

相変わらず毎日晴天で、移動だけの日が続くのがもったいないです。

大阪から東京見物をするのに、高速道路だけでも深夜割引を使えますから降りなくとも良いのですが、それだと面白くないし食糧買い出しのためにも愛知県のICで直ぐに降りました。なにより経費節減になりますしね。

 

揃いのウェアを着たカップルが仲良くツーリング中です。前の女子は大型二輪に不慣れとみえて、フラフラ。それを後ろのベテラン風ライダーが優しく見守っていました。

あ、お仕事中ですね。これは失礼。

 

f:id:acsekitori:20191107112259j:image
f:id:acsekitori:20191107112332j:image

真っ赤な名鉄電車と並走しながら、三河地方の国道一号をひた走ります。

朝夕は渋滞が激しいこのルートも、昼前なので快適に走ることができます。

 

f:id:acsekitori:20191107112453j:image
f:id:acsekitori:20191107112435j:image

しかし、やはり無料高速部分であるバイパスのほうが信号が無い分、圧倒的に早いので使えるところは使い倒します。

 

山口県と並び、ここ静岡県は国道バイパスの整備が進んでおり、2ルートになった東名と合わせるとかなり便利になりました。

 

f:id:acsekitori:20191107132838j:image

前日に大阪市で食べたばかりのスガキヤラーメンですが、本場愛知静岡に来たので、やはり食べることに。


f:id:acsekitori:20191107112233j:image
f:id:acsekitori:20191107112337j:image

翌11/2に小田原駅からの小田急ロマンスカーを予約してありますので、最寄りのSAである東名道足柄SA上りに錨を下ろします。


f:id:acsekitori:20191107112312j:image
f:id:acsekitori:20191107112211j:image

この日は途中のスーパーにて仕入れてあった惣菜で晩飯を済まします。

旅も中盤にして、早くも外食の連続に飽きてきたようで、サラダなどの野菜が中心。肉や魚は見たくもない状態に陥りました。

りんごの美味いこと!

下へ続く

やっと移動だけの日も終わり


f:id:acsekitori:20191107112304j:image
f:id:acsekitori:20191107112347j:image

11/2。

今日の東京ウォーキングの成功を予感させる、抜群の夜明けです。早速、小田原駅までロケバンを移動させましょう。

 

f:id:acsekitori:20191107112353j:plain

f:id:acsekitori:20191107112251j:image
f:id:acsekitori:20191107112401j:image
f:id:acsekitori:20191107112219j:image

小田原駅の西側に1日¥700のコインPを見つけてありましたので、そこにロケバンを駐めて駅まで徒歩5分。

隣にある中学校でなんかのクラブ活動の大会をやっているみたいで、大勢の中学生と保護者が来ており、危うく満車になるところでした。危ない危ない。

 

箱根湯本発のロマンスカー特急はこね号に乗ったのは良いのですが、どうやら副作用がいちばんきついときに予約したせいなのか、往路と復路の号車を勘違いして席を指定し、目的であった展望席ではありませんでした。どうりで一ヶ月を切っていたのに席が空いていたのはこのためでしょう。楽しみにしていたのではありますが、自分のチョンボなのでどうしようもなく。がっかり。

 

f:id:acsekitori:20191107112445j:plain
f:id:acsekitori:20191107112318j:image

気を取り直して、ロマンスカーの形をした駅弁とビールを車内販売で買いました。

JRの特急でさえ車販はどんどん廃止されているのに、たかだか1時間半程度の私鉄特急に存在しているとは。嬉しいサービスです。

コンビニで買っておけばしまいですが、その段取りがめんどくさいのと、なんか車内で買うやりとりが旅気分を高めてくれるのですよ。

 

乗っているのはVSEで一世代前の白いやつですが、弁当が入っているのは赤い最新式のGSEだけです。しかし帰りに乗るので気にしません。



f:id:acsekitori:20191107112244j:image

新宿駅に到着。

壁に、歴代のロマンスカーが描かれていました。私は幼少時に沿線の百合ヶ丘に親と共に住んでいましたので、懐かしさがこみ上げます。

 

このあとは、妻の希望で上野の森にある博物館・美術館群の中から国立西洋美術館で開催されている、ハプスブルグ展へ!

2019.11.8記

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク