外泊帰宅でラーメン紀行/料理 〜ついに中毒もここまできたか〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20191124173750j:image

2019.11.23 勤労感謝の日にラーメン紀行

どうも、シバク・ドワレです。 

昨日の朝病院を出て自宅へ向かう途中、左肺から背中にかけての激痛に見舞われました。どうやら肺の中から周囲にかけてが痛いので、いよいよがんの疼痛が訪れたのかもしれません。

久々の悶絶レベルです。

とても正常なる運転は不可能と判断、店舗の駐車スペースをお借りしてベッドで横になりました。その時ほどキャンピングカーで良かったと思った事はありません。

ジーパンのベルトを緩めて窓を開けて新鮮な空気を取り入れて、程なくして鎮痛薬が効いて事なきを得ましたが、大げさではなく救急搬送レベルの痛みでした。

 

f:id:acsekitori:20191124173848j:image
f:id:acsekitori:20191124173854j:image

さてさて、どうやら私の2国のキムチラーメン中毒も、リミットを超えたようです。

昨日から土日恒例の外泊帰宅をしていましたが、痛みが収まるや否やおとなしく自宅に居ることなどできるはずもなく、闘病で疲れた心身を癒すためにまたまた梅田までやってきました。

もちろん目的は大好きなラーメン2国のキムチラーメンを貪るためです。

先日、同じ梅田まで食べにでかけたばかりではありますが、もういても立ってもいられません。

 

御堂筋は、毎年恒例の冬季イルミネーションが始まったようで、クリスマスムードも高まってきましたね。

 

f:id:acsekitori:20191124174033j:image
f:id:acsekitori:20191124174022j:image
f:id:acsekitori:20191124174017j:image

f:id:acsekitori:20191124230942p:image
f:id:acsekitori:20191124174027j:image

私はブログにて特にグルメ紹介的なことをしていません。

ですので載せるのも同じ店ばかり、同じメニューばかりです。本気で稼ごうと思えばムック形式にしてお店紹介にするべきなんでしょうが、若い頃仕事でしていたので、もうそのような記事を書くのも飽きました。

山ほどありますしね、そんなブログも。人に飽きられるよりも先に、自分が飽きました。

下へ続く

このためにやってきました

 

f:id:acsekitori:20191124174121j:image
f:id:acsekitori:20191124174127j:image
f:id:acsekitori:20191124231838j:image
f:id:acsekitori:20191124174130j:image

阪急うめだ本店から南側、大阪メトロ谷町線東梅田駅界隈に、お初天神通りとの名の商店街があります。

商店街と言うより、ほぼ飲屋街。

大小の居酒屋、格安海鮮料理店からニューミュンヘンなどの古典的ビアホール、チェーンや個人のラーメン屋が群雄割拠している西日本最大級の繁華街です。

その中に、私のソウルフードである神戸ラーメン2国お初天神店があります。

 

昨日は妻を伴い、店からいちばん近くのコインパーキングにロケバンを駐めて訪れました。夕刻ではありますが、飲みに行っているわけではないのでこの方法で合っています。

平日よりも土日祝日のほうが駐車料金は若干安く、¥800で済みました。

元気なら明石まで車中泊を兼ねて食べに行く予定だったんですが、さすがに朝に肺付近の激痛を発症したばかりですので自重し、食い終わると即座に帰宅して養生しました。

 

本日のチョイスは、画像の2国ラーメン(チャーシュー大盛り・キムチ、ニンニク入り)に。ニンニクは体調的に不要だったのですが、チャーシュー麺にキムチをトッピングする¥1090よりも、同内容でニンニク入りの2国ラーメン¥1040のほうが¥50も安い事に気付いたのです。

おそらく、この2国ラーメンが、ラーメン2国の看板メニューですのでサービスなんでしょう。

生の刻みニンニクを混ぜてしまうと、辛味のせいでキムチのまろやかさとスープのコクがわからなくなりますので、次回は2国ラーメンにしてニンニクを外してもらいましょう。

 

f:id:acsekitori:20191124204315j:image
f:id:acsekitori:20191124182152j:image
f:id:acsekitori:20191124182156j:image

で。

本日の日曜日。自宅にて大人しく療養しつつ、チラシが入っていた近所の中国料理店へ物は試しと昼飯の出前を依頼。電話の様子から、中国か台湾から来られたかたが作る本格中華料理のようで、これが大当たり。

 

牛肉とピーマンの細切り炒め、つまり正統派青椒肉絲が¥1100。ひき肉たっぷりの本格派麻婆豆腐が¥700。ニンニクの有無、セロリの三種から選択できるうちのニンニク焼き餃子が¥350いずれも税別と、町中華にしてはちょいお高めですが、神戸の南京町を思い出させるとても美味なる中華を在宅にていただけました。

これは今後退院祝いを家で行うのにもってこいの良い店を発見し、万々歳です。もう旅は別にして遠くへ飯だけ食いに行くのも疲れてきて、在宅にて美味いものを食えるのが一番幸せです。

 

まだまだ食欲はがっつり残っており、自宅にて明日からの更なる闘いの準備を整えました。

2019.11.24記

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。

スポンサーリンク