ヒマとメンタル/闘病記 〜多忙より、体は楽だが持て余し〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20200117100844j:image

2020.1.17 エッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

ヒマです。

ヒマだと、時間を持て余す。

当たり前のこと言うてますね。時間を持て余すと、いろいろ考えなくても良いことを考えてしまいますので、本来人間は忙しいほうが良いのでしょう。ヒマだからメンタルが崩壊するとは思えませんが、忙しすぎるほうが悩むヒマもないのも事実です。

 

いま働き盛りで、ロクに有休も取れずに、休みたいよー、たまにはゆっくりしたいわ!って常に思ってる人もたくさんおられるでしょう。

しかし生意気なこと言いますが、人間働けるのがいちばんの幸せ。そう思って乗り切って下さいね。いつか、誰にもヒマは訪れますから。

下へ続く

金無しヒマなしはツライが…

理想は、大金を持ちつつヒマもたっぷりとある状況でしょうか。

私のように、ヒマはあるけど金は無いとなかなか制約が多いし、金はあるのに暇がないとそれもツライでしょうしね。

そんな理想的状況など、代々の資産家でもない限り宝くじの高額当選くらいしか思い当たりません、発想が貧困なんで。

 

例えば株式のデイトレーダーをしていたとして、投資が当たって収入は増えても、それをキープするには毎日寸暇を惜しんでモニタ5つくらいをメシ食いながらも見続けないと不可能です。

私はそんな毎日イヤや。

ですから投資なんか少額を運用してテキトーに回すだけに留めています。それで、充分。大部屋病室で大規模デイトレーディングなんかできへんし。

 

親から沢山の無負債運用型不動産なんかを相続していたとしたらどうでしょう。

そうなれば法人化しないと税金が大変ですし、そうなると法人管理の事に手を取られますから、結局はヒマなんか無くなるでしょうね。

つまり、何をしてもどんな状況でも、利益を上げるにはヒマなんか無いのです。

 

事を闘病に向けて考えると、身体の痛みや苦しみは、忙しくしているほうが気が紛れて感じにくい傾向にはあります。

しかしながらその忙しさが終わった後にドッと疲れや痛みが押し寄せますから、それが一方的に良いとも言えません。ヒマならドクターに相談するなりナースに対処してもらうなり、なにかと便利ですからやはり病人はヒマくらいのほうが良いのかもしれません。

  

あまりにヒマなんで、こんなヒマな記事を書いてしまいました。ああ、ヒマや!

2020.1.17

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。 ランキングにポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク