ロケバンプチプチリフォーム・ソーラーパネルの増設/自作 バンコン キャンピングカー 〜光を使い、装備を使う〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20200203094430j:image

2020.2.1 ロケバン小細工

どうも、シバク・ドワレです。

は〜。

ため息ではありません。

感動のあまり、漏らした息です。あまりのシャバの空気の旨さに。

年に半分はムショ暮らしの身の上、堅気の皆さんと娑婆で暮らすのが何よりの楽しみでござんす。

 

と、健さんを気取ってみました。

 

あ、ソーラーパネルでしたね。

もうどうでもよくなったって?

まあまあ、そう言わずに。

 

f:id:acsekitori:20200203094524j:image
f:id:acsekitori:20200203094527j:image

私の愛するロケバンには、今までルーフのキャリア上に100Wのソーラーパネルを常設し、停車中にフロントガラスに立てかけて50+20+5Wの、合計175Wのソーラーパネルを設定していました。

今回さらに、右後ろサイドウインドウにsuaokiの折りたたみ式60Wを追加したのです。

ロケバンの後部居室窓は総てスモークウインドウですから、実効出力は半分以下だと思慮されますが、無いよりはマシ。

 

しかもソーラーパネルは実は取扱注意製品で、バッテリーによっては繋ぎっぱなしだと過充電で爆発等の怖さがあるので、チャージコントローラを介さない常設部分の出力は抑え気味でちょうどいいかもしれません。

下へ続く

手軽にモバイル機器を充電

 

f:id:acsekitori:20200203094629j:image

60Wのsuaokiの折りたたみソーラーパネルは本体にUSBジャックが内蔵されていますので、iPhoneiPad、さらにiPod、モバイルWi-Fiルータなどが直接充電できます。

さらにさらにモバイルバッテリーを充電したり、昼間でも悪天時の車内照明を繋いだりもできます。ダイソーの¥150USBランプなど。

なんちゅうても、都度パネルを展開して窓に当てなくてもジャックに刺すだけで充電が始まりますから、楽チンです。ものぐさ太郎、ここに極まる。

 

これにより、フロントとルーフ、右側部をソーラーパネル武装しました。

もうこれからはエネルギーは化石燃料の燃焼に頼る時代ではありませんよね。発電機なんか、いつから焚いてへんやろ。あれは高速道路のサービスエリアなどでしか使えませんが、1時間当たり200cc程度のレギュラーガソリンしか使わない省燃費で気にすることなくAC100V電源を使えますので、長期の旅でとても重宝します。

また、使えるところは限られるでしょうが、災害時にも役立ってくれることでしょう。

 

夏になって網戸を使用する時にこの位置にソーラーパネルがあれば邪魔になるかもしれませんが、その時は反対側のはめ殺しの窓へ移設しましょう。

また、冬の陽射しと夏との差異など、使用レポートなんぞをお届けしますね。

 

f:id:acsekitori:20200203094711j:image
f:id:acsekitori:20200203094707j:image

ギャレーの大シンクをベッド上に付けたのですが、邪魔なので2バーナー側に移設しました。

これは折りたたみの金具にシンクを載せているだけなので2バーナーのコンロを二口とも使う時はシンクを外して収納できますし、片側のコンロのみなら使えます。

 

さあ、ちょっくら温泉車中泊にでも出かけますか!

2020.2.3

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。 ランキングにポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク