ブログが先か旅が先か/ブログ 〜旅に出たから書くのであって、書くために出るのではない〜

スポンサーリンク

f:id:acsekitori:20200213012359j:image

2020.2.13 ブログエッセイ

どうも、シバク・ドワレです。

長々と日々続ける旅ブログですが、旅ネタがない時も当然あります。

そんな時はロケバンのリフォームであったり、車中泊への想い、やり方なんぞを書いたりする訳ですが、やはり旅ネタだと簡単ですね。日記を書くだけですから。

 

その旅ネタ。

よく見聞きするのが、ブログのために旅に出かけて観光地を巡り、写真を撮って店のデータを収集する。

大変やなぁ、と感心します。

まるで仕事やないですか。

 

若き頃、まだデジタルが無くてフィルムを使って取材撮影をしていた頃を思い出してしまいました。

でも今なら看板やメニューなどはスマホでもチョチョイと複写しておいて、自宅でゆっくり整理できるから楽ちんですよね。

だから素人にもできるようになったんやし、そういう仕事が減ったんだと思います。

下へ続く

旅の良さは反芻すること

私は旅が好きで何処かへ出かけて、そこがたまたま快適だったり逆に居心地悪かったりした事を記録するためにブログを活用しています。

決してブログが最初にありきでは無いのです。

これ、どちらが先でも結果は同じようなもんですよね。

旅に出かけて写真を撮って、文を書く。

それだけのことなんですから。

 

しかし、キッカケが違うんですよ。

ネタが欲しいから重い腰を上げるのではなく、行ったからめんどくさいけど記録を残す。

なんか禅問答のようになってきましたね。

どうでもいいですか?

そうですね。

 

とにかく、私は自分が興味ある、つまり好きなジャンルのところにしか旅に行きません。

ですので、一般的な観光地や有名料理店を巡る旅にならないのです。鉄道があれば撮影し、高い山があれば望んだ後に撮影する。

妻は私が行く先々で、それなりに新しい花や植物を見つけたり、道の駅のスタンプを収集したりして楽しんでいるようです。

それで良いんじゃないでしょうか。

 

初めて行くところが圧倒的に多いのですが、最近ではリピート率も上がる傾向です。年に3回ほど10日間くらいのロングキャラバンをするのですが、同じようなルートだとやがて初めて行くところもなくなってきますので、再訪するようになるのです。

なんか当たり前のこと書いてますね。

美味しかった店、綺麗だった場所には何度寄っても楽しみがありますから、そうします。

一年も経つと懐かしい風を感じるもので、再訪の良さを噛み締めています。

 

すると、ブログで書き分けるのがたいへん。

一年も経つブログですから誰も過去記事は見ないと思いますが、やはり同じような内容で書くのはつまらない。

しかし、その書き分けがブログの楽しさでもありますよね。ネタ探しの旅ではなく、行った後でネタを創作する。

違い、わかってもらえましたか?

では。

2020.2.13

 

ご閲覧ありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いて行ってくださいね。 自作キャンピングカーと大型オートバイを中心に、夫婦での旅記録が主な内容です。 ランキングをポチッと押していただけると励みになりますので幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク